佐賀県鳥栖市の観光イベント案内

ふれあい鉄道フェスタ
〜鉄道の町の歴史と未来への拠点〜

趣意書

鳥栖市はこれまで、九州における陸路交通の要衝として、着実に発展してきました。
鹿児島本線、長崎本線、そして九州新幹線と市内に6つの駅を持つ「鉄道の町」。
鳥栖駅は、九州に初めて鉄道が引かれた明治22年12月開業、明治36年に移転し、明治、大正、昭和と多くの人や物を運び九州の産業発展の一旦を担ってきました。全盛期には機関車62両、職員数5208人となり、当時の国鉄から公式に全国で12ヶ所「鉄道の町」として認定されたうちの1つでした。時代とともに物流は高速道路とトラック輸送に置きかわりましたが、九州新幹線の開業、そして長崎新幹線とまた新たな流れが始まっています。
今回、鳥栖駅と新鳥栖駅を会場に近代化遺産というべき鳥栖駅構内(機関区・貨車操車場)の機能と歴史、鉄道マニア垂涎の貴重な資料と写真の展示。また、子ども達も参加できるふれあいイベントを企画しました。鉄道ファンはもとより、来場者に「鉄道の町・鳥栖」をPRするとともに、鳥栖駅の隆盛を知らない若い人達、市民にも鳥栖の発展の礎を顕彰し、九州の鉄道の未来、役割を考え、鳥栖市への愛着と誇りを持つ契機となることを期待し開催させていただきます。
 
 
ふれあい鉄道フェスタ実行委員会

 
名  称  ふれあい鉄道フェスタ
開催日時  平成29年10月21日(土)・22日(日)
      10:00〜16:00(各イベントによって設定あり)
開催場所  JR鳥栖駅東側都市広場・JR新鳥栖駅・サンメッセ鳥栖

「幕末・維新鳥栖のチカラ」

肥前さが幕末維新博覧会プレイベント

リレージンポジウム 第2弾

鉄道好きとして知られる俳優・気象予報士の石原良純さんをゲストに迎え、先見の明と強い意志で築き上げた「交通・物流の結節点」をテーマにシンポジウムを開催します。定員300名 参加無料

*参加には事前申し込みが必要です!